用意するのは1カップの情熱。そして、遊び心とエスプリという名のスパイスを大さじ2。 これを好みの食材とゆっくり合わせる。これがブログ「肴」のレシピ。
by duo
カレンダー
カテゴリ
タグ
検索
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
最新のコメント
hibinosaraさん..
by thesakana at 11:35
hibinosaraさ..
by thesakana at 11:28
庄助さん、お越しいただき..
by thesakana at 10:59
うらやましいです!! ..
by hibinosara at 10:58
こんにちは。 このウツ..
by hibinosara at 10:55
ウチ●さん、お越しいた..
by thesakana at 10:45
tanaさん、お越しいた..
by thesakana at 10:41
そうなんですか、メバル系..
by 庄助 at 05:17
昔の魚図鑑には確か味につ..
by ウチ● at 00:14
カタボシアカメバル、du..
by tanat6 at 17:12
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
■ duoさんのつぶやき
初っ端のエントリ-の「肴とは酒に添えるものの総称」ということならば、音楽や本、友人と過ごすひと時や映画、こんなのも肴と言って良いわけだ。

例えば小説。山手樹一郎の「桃太郎侍」とか村上春樹の「ノルウェイの森」なんて恰好の肴だ。何度読み返したか、もう数え切れない。

例えば映画。最近は見る機会もずいぶん減ったけど、ピータ-セラ-ズの「チャンス」とかポールニュ-マンとロバ-トレッドフォ-ドの「スティング」なんてよく観たな。

例えば音楽。・・・これはまたの機会に。

そういえば、肴と言えるのかどうか?ずっと前、上野の西洋美術館で見て以来の片思い。ジャン・オノレ・フラゴナールの「読書する女」の横顔の素敵な少女。

んー、あげればキリがない。どうりで飲み過ぎちゃうわけだ。